新型コロナウイルス感染症患者の受入病床確保のための入院患者の一時帰宅等に関する協力について

みだしの件につきまして、県内の新型コロナウイルス感染が7月下旬から高い水準で推移しており、医療機関において逼迫状態が続いております。新型コロナウイルス感染患者については、感染症まん延防止の観点から入院治療を行うことが原則であることから、受入病床の確保が喫緊の課題となっております。

以下、沖縄県子ども生活福祉部高齢者福祉介護課及び一般社団法人沖縄県医療ソーシャルワーカー協会、一般社団法人沖縄県介護支援専門員協会より協力依頼が出ておりますのでお知らせいたします。皆様におかれましては、日頃以上に患者さん・利用者さんやご家族が安心して退院できますよう、最新で正確な情報の提供と丁寧な説明による支援をお願い致します。

≪沖縄県子ども生活福祉部 高齢者福祉介護課長≫

新型コロナウイルス感染症患者の受入病床確保のための入院患者の一時帰宅等に関する協力について

 

≪一般社団法人沖縄県医療ソーシャルワーカー協会・一般社団法人沖縄県介護支援専門員協会≫

新型コロナウイルス感染症患者の受入病床確保のための非コロナ入院患者の入退院支援・受け入れ・一時帰宅等に関する協力について(依頼)